工房紹介

レザーカップ1当工房では、ハンドメイドで革の風合いを楽しめるアイテムを製作しています。
また、「革」や「手づくり」をキーワードに楽しく賑わえる活動も行っていきたいと考えています。


J’s LEATHER 活動テーマ3カ条

持ち主のパートナーに相応しい、見て楽しい・使って便利・持って満足できる質の高いレザーアイテムを製作します。

気軽で楽しいレザークラフト体験教室、自由製作や技術向上を目的とするレザークラフトスクール、各種イベントワークショップを通じて、ものづくりの楽しさを伝えながら革という素材から繋がるコミュニケーションの場を創出します。

各地のクラフトイベントなどに積極的に参加・交流して、地域の賑わい創出に貢献します。

 

革について

革の画像レザーアイテムは、使用していくことで革が馴染んだり色が変わったりと、持ち主色に育っていく魅力があります。
当工房では、植物タンニンで時間をかけて古典的な方法でなめされる革を中心に使用しています。
表面にツヤがあり適度なコシのあるサドルレザー、カービングやスタンピングに適しているツーリングレザー等がメインです。
経年変化により、革の表面が生成りのナチュラル色からアメ色に変化する過程を楽しめます。

また、近年はヨーロッパ製のカラーレザーを取り入れています。
イタリア植物タンニンなめし革協会公認の色彩豊かなオイルレザー等、表情豊かな革を使用しています。

 

レザーカービング・スタンピング

レザーカービング画像レザーカービングは、革にナイフでカット模様を入れたり、様々な刻印を使い模様を表現していく革の彫刻です。
アメリカ開拓時代にカウボーイがサドル(鞍)等に模様を付けたことから発展しました。

スタンピングは、革に刻印を規則正しく打刻し、バスケット(籠模様)や幾何学模様を表現します。

いずれも、革に立体的な表情を付け加えることができます。
現在カービングは、フラワーとその周囲を渦を巻くように流れる蔦でデザインするシェリダンスタイルカービングを意識したものが多いですが、今後動物や人物、風景等を彫り込むフィギュアカービングも取り入れていきたいと考えています。

 

仕立て

手縫い画像ハンドメイドという名のとおり、仕立ては、その多くの工程を手作業で行っています。
ステッチは、サドルステッチと呼ばれる、1本の糸の両端に針を通し、2本の針を交差するように縫い上げています。
ほつれにくく頑丈に仕上がる方法です。
コバ(革のヘリ)については、布や木を使い丁寧に手磨きで仕上げています。
その他、部分的に革を漉き厚みを調整したり、水分を入れて型付けをしたり、作るものに最適な仕立てを心掛けています。

 

クラフトマン自己紹介

クラフトマン画像

プロフィール

堀内 惇平
1982年6月生まれ(ふたご座・B型)
宮城県仙台市出身
趣味:アイスホッケー、キャンプ、ウイスキー収集

レザークラフトとの出会い

宮城県仙台市で生まれ育ち、大学で上京、その後栃木県を経由し帰仙。
レザークラフトとの出会いは、上京していた学生時代、百貨店のクラフトコーナー。
革製品が好きで、それまでは購入専門だった私が、革製品が作れるかもしれないと思った瞬間でした。
必要最低限の道具を揃え、作り始めましたが、上手にできるはずもなく、すぐに放置。
しばらく忘れていましたが、職を転々としながら、故郷の仙台に戻った際に、ホームセンターのクラフトコーナーでレザークラフトと再会、再び作り始めました。
少し大人になったのかコツコツと続けられるようになり、それなりに形になっていくと、作るのが楽しくなりました。

レザーカービングとの出会い

東北地方に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の後、「TakaFineLeatherJAPAN」の大塚代表が企画した被災地を応援するプロジェクト、”CARVE TO ENCOURAGE”(カーブトゥエンカレッジ)に感銘し、被災地に居住してはいましたが、ものづくりの情熱を持ち続けようという思いを込めて、素人感丸出しのカービングではありましたが参加しました。
“CARVE TO ENCOURAGE”(カーブトゥエンカレッジ)に参加した際に、大塚代表をはじめとした素晴らしいカーバーの皆様の作品に触れ、その美しさと、レザーカービングの可能性に魅了され、それからはカービングを取り入れた作品を作ることが多くなりました。

東北レザーとの出会い

その後、東日本大震災復興支援を目的として発足したクラフターグループ、「東北レザー」との出会いがあり、その一員となりました。
現在も支援活動やグループ内での技術向上・情報交換を目的とした研修会等の活動を続けています。

 

営業時間など

工房営業時間:10:00~19:00

定休日:月曜、第2・第4日曜
(イベント出展等で変更になる場合がありますので、当ホームページのカレンダーでご確認ください)

TEL/FAX:022-352-3128
e-mail:jsleather@earth.so-net.jp
住所:宮城県仙台市宮城野区田子字新入6-1

アクセス

J’s LEATHER
Pocket
LINEで送る

投稿日:2017-01-21 更新日:

Copyright© J's LEATHER , 2017 AllRights Reserved.